記事一覧

グルメニュース

グルメの皆さんこんにちは〜!!

昨夜吟醸では、沢山の仕込みを致しました。

フォアグラのロールキャベツ・ミートボール・ドルチェクレーマカタラーナ・ブイオン・柚子胡椒酢・他 沢山の仕込みを致しました。

(ロールキャベツ)の歴史は凄い。始まりは《ドルマ》と言うブドウの葉に肉を巻いて煮込むところから始まったようだ。これがトルコ→ヨーロッパと伝わり、現在のキャベツを巻き込んだ物のになったようだ。日本に入って来たのは明治時代と思われる。日本の始めは《おでん》デビューで、出し汁で煮た物が始まりでした。
さて、私の作り方は軟らかい春キャベツを使い、牛肉100%の挽肉をベースに独自の繋ぎと香辛料を入れ、大胆にフォアグラをチョイスして巻き付けました。鶏と鴨をベースとした《コンソメスープ》でジックリと煮込みました。
ソースは手作りトマトフォンデューソースを掛けて食します。

(ドルチェクレーマカタラーナ)はスペインのカタルーニ地方の生菓子。イタリアのクレームブリュレに似ていますが、作り方は全く異なります。
特徴はカラメルを使わなく、食べる寸前に赤砂糖をふりかけ、熱したコテで赤砂糖を焼き焦がす!この作業がカラメルの役目をする。作り方も比較的に簡単で、鍋のみの作業で出来てしまう。

(ミートボール)は各国に存在しています。イタリアでは《ポルペッティーネ》といい、スパゲティーミートソースの始まりはポルペッティーネといわれております。スペインでは《アルボンディゴン》!ヨーロッパの味付けは、トマトベースが多い。中華では《ロウワン》と言い甘酢あんかけ等にする。各国の味付けの共通は少々酸味を利かす事。
私のミートボールの味付けは、スウェーデンとジャポネのコラボ!!
スウェーデンは甘酸っぱいのが特徴です。これに焼き鳥のタレを隠し味に追加した。
デミグラス+トマト+とんかつソース+焼き鳥のタレ=吟醸風

本格的な味の中に懐かしさが有る!!そんな味に仕上げました。これ メニューには出しません。前菜として御提供致しますので、お楽しみに〜!!

【本日の裏メニュー】

☆和料理→殻つきバフンうに・和牛の皿しゃぶ・あぶり中とろ柚子胡椒酢仕立て・牛レバーの山椒焼き・長芋納豆かき揚げ・縞ゾイ塩焼き・焼きアスパラ

☆洋料理→縞ソイのポアレクリカッセソース・ロブスターオムレツアメリカンバターソース仕立て・グリーンアスパラのエチュべ・3日煮込んだビーフシチュー・フォアグラ入りロールキャベツ・本日のドルチェ

☆中華→牛レバニラ炒め・蝦夷アワビの旨煮・ムースーロゥ(五目塩炒め)・春キャベツのホイコウロゥ・海老のマヨネーズ炒め・

以上、本日も激旨料理 沢山ご用意しております。


本日もブラッスリー吟醸元気に営業しております。

皆様のご来店、お待ちしております。