記事一覧

札幌車日記 パート128

そんな走りづらい状況が2周を終えるまで続き、3周目の1コーナーで34GTRがアンダーを出し、見事にコースアウト!!んがっ、まだ諦め無いでまた強引にコース上に戻ろうと私に近づいて来る。

危うく私のマシンと接触する所でした!!「もぅいい加減にして下さいよ!!」

そして諦めたのか、やっとこGTRは私の前から消えていった。

その間、後方にいた《ロシアの侍》80スープラにイン側から抜かれてしまい、その後は彼を追う事に。

インフィ−ルドでのブレーキングでは追い付くのだが、ちょっとでもストレートが長いと、もう離されてしまいます。

80スープラもタイムがたれてきだしたっぽくて、ブレーキングからコーナー進入までの姿勢が乱れ、時間も掛かりはじめてきている。

私もタイヤがタレはじめてきたが80よりは軽いのでまだ大丈夫。

残り3周はずっとこんな感じが続き、チェッカーとなってしまいました。

また近々、セットアップを変更してリベンジですわ

そんなレース模様でした。