記事一覧

グルメニュース

グルメの皆さんこんにちわ~!!

最近 メガグルメねた続きですいません!!

一度嵌ると、どうも追求してしまう性分でぇ~!!

本日はネタを変えます~。

《おまかせ刺し盛り三人前》

昨日(昨夜)のお話しを致します。

昨夜、かれこれ7年位 吟醸にいらっしゃって頂いている常連さんがみえました。

このお客様は、美容室を経営するオーナーで、通称店長と呼んでおります。

この方、もの凄く色男で 言葉使いも柔わらとしていて高感度も高い。

いつも、カウンターに座り お話し好きで とてもグルメである。

生まれは、烏賊の町函館で、海産物に対しては特にうるさい!!

昨夜のオーダーは、大ヒル貝の醤油焼きと 活イかソーメンの2品でした。

そもそも、美容師を目指す前に 料理人に成りたかったと何時も聞く!!

(ミラノコレクションまで行った方)

そんな 凄い方ですが、私の包丁サバキに何時も興味を示す!!

(よし!!今日はテク、見せたろう!!)

(店長、調理場に( ^^)r おいでおいで)と私の左側に呼び静止する!!

私は、水槽から生きた烏賊(イカ)を取り出し、まず下処理を施す!

イカの身をまな板に置き、身を3枚に切り分ける。(身の厚み3mmを3等分

なので一枚 約1mmのペラペラに!!)

生きているので 包丁を入れる度、イカの身は反応して絞まる!!

※この技は、修行中~コンニャクを横10枚に卸す練習した成果です!!

そして、素麺になる位の細さに糸造りにします。

氷の上に笹を敷き、この上に盛り付け そばつゆに葱、生姜で出来上がり!!

約3分位の時間で、この作業を行った!!

このお披露目により、一層~この活いか素麺の価値が上がったはず!?

活いかは、厚く切ると食感は楽しめるが、味がしない!!

細く切れば切るほど 甘味が出ます!

(烏賊刺しは、子供の頃はオヤツだった!)と言う店長の舌を促がした!!

私は日々 旨さに変える包丁サバキを考えております。

もし、見学したい方おりましたら、オーダー後お見せ致します。

遠慮無くお申し出下さい。

その後、店長も生きが良くなり、私と2人琴似のネオン街に消えました。


本日も、ブラッスリー吟醸 元気に営業しております。

皆様のご来店、是非お待ちしております。


■シーネット北海道HP

■ブラッスリー吟醸HP